FC2ブログ

∞th summer

出会った作品(アニメ、ギャルゲー、ノベルス)への想い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

フルメタルパニックTSR 第3話

さて第3話。

作戦開始ですね!
なんかかなり本格的な特殊部隊アニメになってます。
中国語まで出してくるとは本格的だ・・・。


なんか今回はテッサの絵に磨きがかかってた気がする、うん(*´ω`)
そして宗介への意味深な視線・・・。
ところどころテッサの仕草がニクイですねぇ。

見事敵の罠にはまったミスリル。
マオ姉さんは刀を持った娘にかてるのでしょーか!?
スポンサーサイト
このページのトップへ

フルメタルパニックTSR 第2話

相変わらず下川みくにさんのOPがすばらしい・・・・。

さてさて注目の第2話です。
学園サイドがメインで、敵の組織サイドとダナン(テッサの船)サイドとくっきり分かた構成でした。
徐々に1つの線となっていくんでしょう。

学園サイドの展開は「ふもっふ」を彷彿させるテンポの良いギャクが冴えまくりです。
も?面白すぎですw
思わず笑いで声が出てしまうアニメは早々ないです。
それでもって裏ではシリアスな舞台への準備が着々と進んでいる。
これぞフルメタです。

敵であろうアンドレイがぶっ飛んじゃってますね。
濃いキャラだ・・・・。
最後に彼の「あーうんこしてー」のセリフでEDに突入したときには
うそ???んって言ってしまいましたww

こんな終わり方もありかな・・・・?
このページのトップへ

フルメタルパニックTSR 第1話

うおおおおおおおお!!!!!
つ、ついにフルメタルパニックTSRスタート!

フルメタはアニメでは1作目の無印、2作目の「ふもっふ」とも両方見ました。
特にふもっふ最高でした。
今作のTSRはふもっふと同じ京都アニメーションの製作です。
京アニは最近ではAirを世に放ち、悶絶のクオリティでネ申の異名をとりましたね。
これを期待せずしてどうしようというのでしょうか??

さて早速中身です。
まずはオープニング。
やっぱり下川みくにさんですね!!
フルメタのOPEDはもはやこの方の曲がなくして成り立ちません。
しかもこれまたさわやかでいい曲です。
もうOPだけで(*´д`)ハァハァしちゃいました
うわー、まじでフルメタだ!
懐かしすぎるこの感じ!
前クール(4?6月)が1つも見たいアニメがなかっただけに、テンションあがちゃいますw

シリアスとギャグが旨く調和してて全く飽きさせることのない30分でした。
キャラはスタメンはほぼ全員でてきましたね。
ぼんたくんはさすがにTSRではでてこないかな・・・w

いやー、クオリティ高かったです!さすが京アニ。
戦闘シーンやら背景やら、丁寧に作りこんでますね。
我らがテッサも出番すくなかったけど出てきてよかったです。

このページのトップへ

TVアニメ近況

4月スタートのアニメでは
創聖のアクエリオン
フタコイオルタナティブ
の二つを見てましたけど、どちらも途中で見るきなくしましたw

最後まで見ないと結論はだせませんけどね。
アクエリオンは最初は面白いって思ったのですが5話くらいまでみて同じような展開にお腹一杯になりました。
まぁネタアニメってことで・・・・・
4月?6月時期のアニメは結局1つもみなかったってことですね。
なんか寂しい・・・orz

ちなみに4月以前に見ていたアニメは
蒼穹のファフナー
ローゼンメイデン
Air
巌窟王
舞-Hime
です。

面白いアニメこないかなーって思っていた矢先、
フルメタルパニックTSR
ですよ!!!
今月から始まります。
いやー、フルメタがまた始まるなんてしらなかったです(汗
ギリギリですが放映開始前にきづいてよかった・・・。
フルメタは今まで見たアニメの中で、自分の中ではかなり高い評価です。
まじたのしみです!
このページのトップへ

「ひぐらしのなく頃に」 暇潰し編 終了

ひぐらし4話目、暇潰し編 終了です。


ネタバレ注意!!


タイトルのとおり暇潰し程度のおまけシナリオと思ってた僕が馬鹿でした。。。。


あれのあんな表情が初めてでてきたり。


しかし自分の中のこのシナリオの主人公といったら大石でしょう。
もう大石さんニクイよ!!w
なんというか・・・・


あんた最後でおいしいところもっていき過ぎ!!!!
アツイあんたを見させてもらって、こっちもグっときちゃったじゃないかよー(;つдT)
最後の旅館でアレです。

祟殺し編では悪役でしたが、暇潰し編では正義キャラですね。
僕の中での大石さんはなんだかんだいって正義のイメージがあります。

さすがに今編には部活はありません(笑)。今までに出てこなかった人物に焦点を当てた話ですからね。
テンポよくお話がすすみ、プレイ時間は3時間くらいですね。
暇潰し編は期待を超えて楽しませてもらいました!
製作スタッフのみさなん(特に竜騎士07様)は崇拝の域に達しそうです。


このページのトップへ

「空の境界」上下巻 読了

「空の境界」  講談社ノベルス  奈須 きのこ (著)
上巻1,155円
下巻1,260円


この本との出会いは本当に偶然。


なにか小説が読みたくって本屋さんにいったのですが、どうもしっくりくるものが見つからない。
まー無理して買わなくてもいいかなって思い帰りながらも、店頭に並んである本を眺めてたわけです。


そこへ飛び込んできた「2004年度ノベルス界 最高の新人が放つ最大のスーパー・ヒット!これぞ新伝綺ムーブメントの到来を告げる、傑作中の傑作」という文字。
むっ、と思わず足を止めてその本を手に取る。

karanokyokai1.jpg karanokyokai2.jpg


「空の境界」か。ほう・・・・・、ずいぶんと大それた宣伝文句だなぁ。
僕自身にとって初めて聞く名前でした。ということは、恥ずかしながらあの「月姫」の存在もこのときは全く知らなかった訳です。
ここまで言わしめる作品。そう、世の中で高い評価を得ている作品。これはどんなジャンルに限らず、一度は自身の目で触れてみたいと常々思っていることなのです。

例えばKeyのAir。名前を聞いてさらに友達から薦められたのは5年ほど前のこと。当時ギャルゲーに興味が全く無かった(エロ目的でいくつかやったことはありますが・・)僕は当然ながらスルーしていました。ですが余りにその名を聞き、いろいろな人から薦められ、ネットでのレビューも神の如くよかったので今年の冬にプレイしてみた次第です。
そして精神崩壊。半年たった今でも余韻が頭から離れません。世間から高い評価を受けているいわゆる「名作」。個人の好みで変わってくるのでしょうが、このときのAirは「この作品がプレイできる世代に生まれて来れた奇跡に感謝する」とまで思ったほど感銘を受けました。


話がそれましたが、広く評価されている作品というのは心に残るものとの出会いの可能性を秘めているのだと思います。
この本を買おうと思ったのはそれ以外にも表紙の絵、そして自分の好きな儚くて哀しい物語を彷彿させるそのタイトル。


そして手にしたこの本をつい先日読み終えたわけです。
ひぐらしと平行していたため読み終わるのにずいぶん時間がかかってしまいましたがw


感想のほうはとうと、超大作とまではいきませんでしたが十分に楽しめる物でした。良作といったところでしょうか。
この作品は読み手を選ぶ気がします。伝奇小説が故の現実離れした世界観。
空の境界の世界における理論や考え方を、よくぞここまで思いつくなと思うほどの背景をもって圧してくるのです。いわば作者の激しい脳内ワールド。ついていけなくなった時点で、この作品は読めないと思います。僕はちょっと戸惑いながらも何とかついていく事が出来ました。
言い方は悪いですがこの脳内ワールドがすごいんですよ。僕はこの作品で作者の奈須きのこさんに惚れ込んでしまいました。よくここまで伝奇小説における世界観の根拠を作ることが出来た、と。リアルの世界でもひょっとして、、、なんて思ってしまいました。


物語は表紙とタイトルから受けた期待を裏切らない、ぼーっと夜の空を眺め続けていたくなるような雰囲気にさせてくれる自分好みのものでした。
ただ気になったのが両儀式の「織口調」。オレから始まるしゃべり方は上巻を読みきっても慣れることが出来ませんでした。。
読んでてどうも下巻の表紙である「式」の絵と織口調のセリフが結びつかないんですよね。下巻までいくとさすがに慣れてしまいましたが・・・orz
このせいか式はいい味だしてるのですが、どうも萌えには至りませんでしたね。ちなみにこの下巻の表紙の絵は巧すぎですw


うわー、気づけばコンだけ長くレビューしてる・・・(汗
なんだかんだ言って、それだけ自分の中で思い入れのある作品だったということですね。


そして奈須ワールドをもっと堪能したくなった僕は、月姫へと向かっていくのでした。


普通順番逆ですよねw
このページのトップへ

Search

Information

紅い水星

Calendar

06月 « 2005年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。